RSS | ATOM | SEARCH
コーチング:夢を描く
コーチング:夢を描く

今日は、夢を実現するひとつの方法を
コーチングの視点からお伝えします。


今、あなたは、どんな夢がありますか??


幼いころから大切にしてきた夢かもしれませんし、
最近、自分の目標が明確になったという人も
いらっしゃるかもしれません。

今はまだ漠然としているけれども、
何か自分が「本当にやりたいことをしたい!」
という思いの人もいらっしゃるかもしれません。


今回は、夢を描いて、具体的行動に移すために
コーチングで使うひとつの方法を
お伝えしたいと思います。


それは、

「Drive Map」(地図を描く)

という方法です。


具体的には、
まず、あなたの現在の位置を明確にします。
次に、目標地点と現在の位置の距離を明確にします。


これを行うことによって、具体的に必要なものや、
どんな行動をしたら良いのかが、はっきりしてきます。

さらに、

「Drive Map」を行うことにより、
どのようなルート・道のりをたどることが
ベストなのかが明確になります。


例えば、あなたが、山の頂上に登るときに、
いくつかのルートがあると思います。

そして、早く登りたいと思う人は、少し急な道があっても
最短のルートを登るでしょうし、
ゆっくり、野花を見ながら登りたいという人は、
少し時間がかかるルートを登るかもしれません。


夢を描いたときも、その夢を実現するルート・道のりは
たくさんあります。

しかし、コーチングをしていると、
たくさんのルートがあるにもかかわらず、
ひとつの方法で、うまくいかないと、
「もう、無理!!」と、
あきらめてしまう人もいらっしゃいます。


もし、あなたが、かなえたい夢をもっていらっしゃるなら、
「Drive Map」を使って、いくつかのルートを
考えてみてはどうでしょうか??



 
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 23:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自分らしい選択基準
 自分らしい選択基準

あなたは、服を選ぶとき、どんな服を選びますか?
また、どんな髪型が好きですか?

人は、何かを選ぶときに、何らかの選択基準をもって、
選択しています。

明確に基準を持っている人もいらっしゃれば、
「なんとなく〜こんな感じの服がいい」や
「雑誌やテレビで見たことがあるから・・・」
という人もいらっしゃるかもしれません。

「なんとなく〜」や「流行」は、
自分の選択基準ではないような気がする人も
いらっしゃるかもしれませんが、
その奥には自分の選択基準があるのではないかと
私たちは考えています。

そもそも、自分らしい選択基準とは何でしょうか・・・

自分の選択基準とは、
その人の価値観、個性といえるのではないでしょうか。

では、価値観、個性とは何でしょうか。
あなたは、「あなたの個性は何ですか」ときかれて、
どんな答えをだしますか。

感覚的に、人とは違うというのは分かるけれども、
言葉にすると、うまく表現できないことがあるかもしれません。
それは、今まで「自分の個性を明確にするチャンス」が
少なかったからかもしれません。

もし、あなたが、自分らしい選択基準、
そして、個性について考えてみたいなら、
服を選ぶときや好きな色、話やすい人のタイプなど
日常で、どんな選択をしているか少し意識してみるのも
良いかもしれません。
そうすると、「なんとなく」や「流行」の奥にある
あなたの選択基準がみえてくるかもしれません。



 
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 22:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
セルフコーチングとは・・・
 セルフコーチングとは・・・

 スポーツ選手がコーチをつけて、目標を達成していくように、
人生の目的を達成するためにコーチをつけることをコーチングと考えるなら、
セルフコーチングとは、
「自らの意志で、問題を解決し、人生の目的を達成するために
自分自身と対話すること」
と、
私たちは考えています。

コーチングはコーチや他者からアドバイスをうけることで、
自分では気づいていなかった部分を発見できるという良い部分も
ありますが、
他者に自分自身のことを全部話すことはできません。

さらに、「職場の人が知っている自分」「家族が知っている自分」
「幼なじみが知っている自分」など様々な自分がいます。

よって、他者の力だけでなく、自分の力で、
自分を認めて、自分を信頼することも大切です。

また、「コーチングを受けること」も本人の意志がなければ、
成立しないので、
コーチングを受けることもセルフコーチング」といえるかもしれません。

あなたは、自分の価値を見極め、自分の価値に
どんな“自分ブランド”をつくりたいですか。
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 21:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーチングの質問する力
コーチングの質問する力

私たちは、ひとりひとりが自分の個性、

本当に大切にしたいこと、人生をかけてしたいことを

もっていると考えています。

ただ、潜在意識の中に隠れていることが多いようです。

どうすれば、その隠れているものをみることができるのでしょうか。

それは・・・質問です。

例えば、「あなたの好きな服はどんな服ですか?」と

質問されたとします。

この質問だけでは、漠然としていて、明確にはなりにくと思います。


そこで、

「その服の色は何色ですか?」

「その服の袖は長いですか、短いですか?」

「服の生地はどうですか?」

「どんな時に着ますか?」

「その服を着ているとき、どんな感じがしますか?」

など・・・・

質問を増やしていくと考えていたものが明確になります。

つまり、質問をすることで、個性なども

明確になっていきます。


コーチングでは、どんな質問し、

その質問が相手にどんな影響を与えるのかを考えます。

コーチングにおいて、コーチが大切にする必要があるものは、

「質問する力」です。


コーチではなくとも、日常でどんな質問をするかというのは、

大切ではないでしょうか。






author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 21:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ゴールを目指す3ステップ
 ゴールを目指す3ステップ 

コーチングでは、コーチと呼ばれる聴き手が

コミュニケーションを通して、答えをみつけるサポートをします。

.魁璽舛質問し、今抱えている課題や目標を明確にします。

課題が解決できたら、目標が達成できたら、

どんな良いことがあるか探していきます。

6饌療な行動を考え、行動を導きだします。


私たちは、H嵬椶痢峩饌療な行動」に重点を置いています。

例えば、本などを読んで、「今日から頑張る」「私は変わる」と思っても

なかなか行動に移せない、、、、、

決める、でも、できない。そんな生活の繰り返し・・・


そんなとき、どうすれば良いのでしょうか。

それは、「続けるシステムをつくること」です。

例えば、貯金したいんだけど、コンビニなどで、つい余計なものまで買ってしまう。

こんな時は、

・紙に貯金したい理由を書いて、財布の小銭入れに入れておく。

・友人と一緒に達成状況を報告しあう。 など・・・

あなたに一番あった続けれるシステムをつくってはどうでしょうか。
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 10:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーチングとは・・・
 コーチングとは・・・

コーチングを考える前に、「コーチ」という言葉を

考えてみましょう。

まず、

コーチという言葉をどこで耳にするでしょうか??



テニスのコーチ、野球のコーチなど

スポーツの一場面で耳にすることがあるかもしれません。

コーチとは、「相手の実現したい未来のために、必要な魅力、

能力、才能をその人自身から引き出し、人生にいかせるように

支援していく人」です。


そして、コーチをすることを、コーチングといいます。


コーチは、スポーツだけでなく、

日常のコミュニケーションでも必要になってきています。

経営者の中には、職場環境改善のために

コーチをつけている人もいます。


次に、

コーチングが活用されている具体的な場面についてみていきます。

例えば、人間関係をうまくつくれない。何をしたいのか分からない。

問題を未然に解決したい。自分らしい人生を送りたい。など・・・


そして、こんな場面に応援してくれる人、支援してくれる人がいたら、

きっと生き方が変わってくるでしょう。

その役割をしていくのが、コーチであり、

コーチングなのです!!


最後に、

コーチングの良さは、

自分自身の魅力、能力、才能に気づけることではないでしょうか。



author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:スクールコーチ, 18:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark